INNOVATION JUNGLE PJ│イノベーション・ジャングルPJ

イノベーション・ジャングルPJとは?

  • 新産業・ベンチャー企業創出や活性化を目的として、(公財)京都高度技術研究所と京都リサーチパーク(株)とが連携を図る活動の総称です。
  • [ジャングル]
    「多くのものが共存しつつも、能力あるものの個性はできるだけ伸ばす」という思いを込めています。

イノベーション・ジャングルPJの趣旨

(公財)京都高度技術研究所と京都リサーチパーク(株)とが長年にわたり構築してきた事業支援の仕組みやネットワークを相互に活用することにより、より一層、京都地域における新産業やベンチャー企業の創出及び活性化を図ることを目的に「イノベーション・ジャングルPJ」を立ち上げました。
第1弾として2010年4月よりKRP地区内にあるASTEM棟の7階8階に起業家向けオフィススペースの提供を開始しました。今後は、様々な分野での連携を図ることで起業しやすい環境、成長しやすい環境の提供を心掛け、イノベーションの創出に貢献して参ります。

■ 公益財団法人京都高度技術研究所

京都市地域を中心に産学公連携による新産業の振興や新事業の創出に向けた取組みを進めています。産学公連携のハブ機能として、特にIT産業、バイオ産業、ナノテク産業の支援に力を入れています。

■ 京都リサーチパーク株式会社

約300社の企業テナント様にご入居頂き、京都地域の新産業の創出及び活性化を目標に、ご入居企業の支援及び京都地域の産学公連携での研究会やイベント等の事業に取り組んでいます。

新着イベント

お申し込み受付中

イベント一覧

19

京都クラウドコレクション2014

「スマートデバイスで経営革新を起こせ!」~タブレット・スマートフォンから始まる企業成長~

日時: 2014年08月05日(火)
講師: 講演1
 「首席エヴァンジェリストが語る!
   スマートデバイスを活用したワークスタイル変革」
  中山 五輪男 氏
  (ソフトバンクモバイル株式会社 首席エヴァンジェリスト)

講演2
 「ゲームが持つユーザーを熱中させる要素を
    マーケティングに活用するゲーミフィケーション」
  長野 稔樹 氏
   (株式会社アーティフィス 代表取締役)

講演3
 「クラウドを活用した経営刷新と
    スマートデバイスを活用した付加価値ビジネス」
  ~クラウドの歴史からイノベーションをひも解く~
  津田 邦和 氏
  (NCRI株式会社 会長、全国SaaSベンダー連合会 会長、
   青い森クラウドベース株式会社 社外取締役)

 
概要: 急速に普及しているタブレットやスマートフォンといったスマートデバイスは LINEやFacebookなどの個人利用のみならず、携行性を生かして、 外出先での在庫確認、作業報告書の提出などビジネスにも活用する企業が増えています。

本イベントでは、スマートデバイスの中小企業への普及状況や導入事例の紹介、 ゲーミフィケーションを用いたマーケティング事例、クラウドを活用した経営刷新などのご紹介とともに、 京都や他地域の企業等のクラウドサービス関連のミニセミナー、ブース展示など盛りだくさんの内容で開催します。

皆様のご来場を心からお待ちしております。

 ◆場 所: 京都リサーチパーク 西地区4号館地下1階 バズホール
 ◆時 間: 13時30分~17時30分(受付・ブース展示開始:12時30分)
 ◆参加費: 無料
 ◆定 員: 150名
 
 ◆主 催: 公益財団法人 京都高度技術研究所、
        京都リサーチパーク株式会社、ITコンソーシアム京都
 ◆共 催:京都市、京都商工会議所、京都銀行、京都中央信用金庫、
        京都信用金庫、京都コンピューターシステム事業協同組合
 ◆後 援:近畿総合通信局、近畿経済産業局、近畿情報通信協議会
 ◆企 画:京都クラウド・ビジネス研究会

   詳細は下記のページをご確認ください。
   http://www.astem.or.jp/c-seminar/

本イベントのテーマである「スマートデバイス(スマートフォン、タブレット)」について、最新動向・効果的な導入事例・付加価値創造といった3つの視点で、東京や大阪から講師を招き、ご講演いただきました。
また、京都のIT企業をはじめ、他地域のIT企業の参加による14のミニセミナー、20のブース展示を行い、すぐに導入できるクラウドサービスや、来場者のITに関する相談への対応を行いました。
当日は、170名を超える方々にご来場いただき、大変盛況でした。
本イベントが新たなビジネスチャンスの発見や、企業経営における課題解決の一助になればと考えております。

イベント一覧バックナンバー

ページトップへ